「動物愛」



「動物愛」


先日は動物愛護団体「ライフオブアニマル」さんのワンちゃんの火葬を・・・。

この1ヶ月で5件目です。

悲しい出来事が続く時は続きます。


いつも葬儀の時は、この写真のように沢山のお花で飾り、皆さんが話しかけてお別れされています。


ライフさんとは、もう3年のお付き合いになります。


僕たちがこの仕事を始め、

飼主さんのペットちゃんへの愛情の深さを感じると共に、一方では殺処分されている動物もいる現状。



そのあまりのギャップに、


「何かできることはないか」と


動物愛護団体を立ち上げました。


が…何から始めればいいのか。



代表の木村さんに連絡をして、

色々なことを教えて頂きました。


気さくで、気取らない方。

滅私奉公というかプライベートの生活も全て活動に捧げられています。


「動物愛」


木村さん、スタッフさんを見ていて、

本当の本物だといつも感じてます。


50頭以上のワンちゃんを自宅兼保護施設で預かり、雷の時には一緒に寝て、

迷子犬の連絡があればすぐに駆けつけて・・・


病院代だけでも多い月には150万を超えるそうです。


殺処分前のワンちゃん、

里親が見つからない老犬、 

病気のワンちゃん達、

を引き取ってるんですから。


とてもじゃないが、

僕には同じような活動はできない。

きっと誰もができることではないと思います。


行政からの資金的な援助はありません。

募金や寄付、そして身銭を切ってです。

(仮に給与をもらっていても僕にはできないと思います)


それができるのは、

支えてくれる方々、

ボランティアスタッフの方々、

がいてくれるのも大きいはずです。


僕らも動物愛護活動として、

同じことはできないけれど、少しでも何かお役に立てれるように、


火葬料金を9割引にしたり、

物資支援だったり、させて頂いています。


火葬にお越しの飼主様からご寄付頂いたペットシーツやフードなどを定期的にお届けさせて頂く先の一つです。


そのライフオブアニマルさんが、新たな保護施設を建築するということで!


総工費、土地取得費含め7000万!!


その一部をクラウドファンディングで募集されています。


1000万円が目標で、、、


締め切り期限がまだ10日残っているのに達成されたみたいです。


沢山の方がライフオブアニマルさんの活動を応援されているんですね。


僕も経験ありますが、

クラウドファンディングって、


勿論、金額目標(そのためにしているのは勿論なんですが)もあるんですが、


あるんですが!


だんだんと、

支援してもらえることに、

その応援メッセージに、


ほんとに勇気づけられる。


大きなチャレンジであればあるほど、

絶対の自信と強い気持ちを持っていても、


ふとした時に不安も出ます。


応援してくれてる方の声で、

どれだけ気持ちが楽になるか。


間違ってない、このまま走れ!


とチカラが出てきます。


だから、もし皆さんの応援が、

金額ではなく気持ちが、


ライフオブアニマルさんを勇気づけると思ってます。


クラウドファンディングでのご協力は、


「長崎ライフオブアニマル」で検索して頂くとすぐにわかります。

0件のコメント

最新記事

すべて表示