「犬のがん」


長崎市・諫早市

ペット火葬霊園

森の中のペット霊園

ペットのおはか



こんにちは。金子です。

みなさん、連休はどのようにお過ごしになられましたか?(^-^)/ お天気にも恵まれ、各地で様々なイベントが開催されていたようですね。

最近はお天気が続いているので、猫ちゃん達が日向ぼっこをしているのを毎日のように見かけ、ほっこりしております(*^^*)

先日、犬のチャコちゃんの話しをさせていただきましたが… チャコちゃんが亡くなった「がん」という病気。

実はがんは、犬ちゃんに限らず猫ちゃんにとっても、最も多い死因にあげられる病気。 加齢に伴い、がん細胞が増え免疫の機能が低下するため、がんになるリスクが増えてしまうそうです。 

犬ちゃんに至っては、なんと10歳以上の半数が「がん」で亡くなっています。

それだけに、人間のがんと同じような診断と治療ができるほどに、獣医学も進歩してきているそうです。

「がん」=「不治の病」ではありません。

私達と同様、発見が早ければ早いほど完治を見込めますし、治療をしながらがんと長期にわたり共存する場合もあります。

早期発見のため飼い主の皆様に出来ることは、 自宅でこまめにコミュニケーションをとってあげたり、しっかりと体を触ってあげることが大切です。

病院での定期的な身体検査、今は健康診断も受けることが出来ます。

がんは、症状があらわれた時にはかなり悪化しているということもあるそうです。

治療開始が遅くなれば、それだけ犬ちゃん猫ちゃんの苦しみが増えてしまいます。

異変に早めに気づいてあげられるように、日頃からチェックする習慣をつけてあげて下さい。

大切な家族のために…

0件のコメント

最新記事

すべて表示

仲間ロス

供養。

寒さ対策