ひとの優しさにふれる。

更新日:2019年8月8日




長崎ペット霊園・ペット火葬

森の中のペット霊園

ペットのおはか



森の管理人です!

ちょっと日にちが空きましたが・・・

今日は嬉しいことが2つあったので、

2つ書きます( ^Θ^)ノ




昨日ご予約頂いた飼い主さん。

新大工町で八百屋さんをされていて、朝からご遺体の引取りに行ってきました。


そこで伺ったお話。


沢山の野良猫が倉庫に寄ってきて可哀想だからとご飯をあげているそうです。

飼っているわけではなく。


そして猫の飼い主を探してあげる運動もされているとのこと。



愛情を持ってペットの最後を看取ってあげる優しさもあれば、


博愛的な動物愛もある。



個人で野良猫の面倒をみて、亡くなった時にきちんとしてあげたいと思ってもらえるその猫たちは幸せだったろうなあ、と思いました。



本当に、このペット霊園という仕事は、人の優しさや温かさにふれることのできる仕事だな〜と感じます。



求人を募集する時は、「人の優しさを感じる仕事です」と僕は必ず書くでしょう。




今日は朝からひとの優しさに触れることのできた一日となりました!



0件のコメント

最新記事

すべて表示