わんちゃんとコロナウィルス


長崎市諫早市ペット火葬霊園

森の中のペット霊園

ペットのおはか


皆さまこんにちは!

ペットのおはかの里です^^


今日も寒いですねヽ(´o`;

前回言っていたクリスマスツリーなのですが、我が家も無事飾る事ができました!*\(^o^)/*

(オーナメント代にだいぶすごくかかってしまいましたがね笑)



先日、猫ちゃんのコロナウイルスについてのお話をさせていただいたと思うのですが、今日は「わんちゃんのコロナウイルスはどうなのだろう?」ということで、わんちゃんの方のお話をさせていただきたいと思います^^



もしコロナウイルスにかかると・・・


猫ちゃん→無症状もしくは下痢など

犬ちゃん→無症状、脱水、嘔吐など

(子犬の赤ちゃんの場合、嘔吐や下痢など)



どちらも小さな赤ちゃんの時にコロナウイルスは発症しやすく、犬ちゃんも猫ちゃん同様、コロナウィルスそのものを排除するような治療法はないとのことだそうです(>_<)



猫ちゃんの場合は、

猫伝染性腹膜炎を発症してしまう可能性があり、


犬ちゃんの場合は、

犬パルボウイルスと混合感染してしまうと、症状が重くなり死にいたる場合があります。

(※パルボウイルス感染症とは、パルボウイルスの感染により引き起こされ、嘔吐や下痢、白血球の減少を特徴とする感染症です。致死率が高いと言われている病名)



治療法といたしましては、


猫ちゃん

・血液検査

・糞便中のウイルスを検出する遺伝子検査(PCR検査)※また、症状や血液または腹水などのタンパク質を調べることによって評価されるとのこと



犬ちゃん

・糞便検査

・血液検査

・パルボウイルス検査

・X線検査

・超音波検査

などが挙げられます。


※犬ちゃんも検査するとなると、診察代+検査費用またはあらかじめお電話で御予約された方がいいかもしれませんね!



予防法といたしましては、

・他の猫ちゃんや犬ちゃんとの接触を減らす

(※新しい家族を迎える際には必ず検査を)

・出来るだけ室内で生活をさせる

・環境(ケージやお皿など)の消毒をする

→ 猫ちゃんは台所用洗剤などで容易に消毒できます。また、室温では数分から数時間で感染力を失います。そのため、環境の消毒に特殊な消毒薬などは不要です。しかし、猫同士の接触や、人を介しての接触で容易に感染が成立するため注意が必要です。

・犬ちゃんは出来るだけすぐワクチン接種をお願いします^^



最後になりましたが、現在時点では犬猫ちゃんを通して私たち人間に感染は報告されていませんが、私たち飼い主たちが動物たちへの予防をしていくことで少しでも、今健康に生きている動物ちゃんたちのコロナを防いでいけたらいいなぁと思います^^

0件のコメント

最新記事

すべて表示