コロナウィルスとペット・・・心配です。



長崎市・諫早市ペット火葬霊園

森の中のペット霊園

ペットのおはか



こんにちは!

まだ朝夕は肌寒いですが、春らしいお天気ですね!

コロナウイルス・・・長崎でも広がってきていて心配です。ペットに携わる仕事ですのでつい目にしてしまうのですが、猫ちゃんやワンちゃん達にも人と同様に感染するのか?

一説によれば、今回のコロナウイルスはコウモリから人に感染したと聞きます。そして動物から人に感染した場合にはウイルスが進化してしまうとも。


もし、ペットちゃんがコロナで亡くなった場合、飼主さんとしての対応は?など気になることは沢山あるのですが・・・。


以下は今日のCNNニュースで出された記事です。


新型コロナ、猫にも感染の可能性 「心配は不要」と専門家

(CNN) 猫も新型コロナウイルス感染症(COVID―19)に感染する可能性があるという研究結果が、新たに中国で発表された。まだ同じ分野の専門家による査読は行われておらず、米国の専門家などは、それほど心配する必要はないと指摘している。

中国の研究チームが行った実験では、新型コロナウイルスが猫同士で感染することも分かったとしている。ただし猫に症状は出なかった。


また、フェレットも同ウイルスを「受け取る」ことがあるものの、健康状態の悪化は見られなかった。一方、犬は影響を受けないことが判明。同ウイルスは犬5匹の顔に付着していたが、感染性のあるウイルスは見つからなかった。ブタ、ニワトリ、アヒルも同ウイルスにとってあまり適した環境ではないことが分かった。


この研究について専門家は、猫やフェレットの飼い主が極度に心配する必要はないと指摘。猫やフェレットが新型コロナウイルスのために重い症状が出たり死んだりすることが証明されたわけではないと強調した。


米ピッツバーグ大学病院のジョン・ウィリアムズ医師は今回の研究について、「研究者が高濃度のウイルスを猫の鼻に噴射しており、極めて人為的だった」と解説する。

専門家によると、今回の実験は極めて非現実的な状況で実施されていた。


まず、研究チームは極端に高濃度のウイルスを、強制的に生後8カ月のイエネコ5匹の鼻孔に噴射していた。飼い猫や野良猫でさえ、これほど高濃度のウイルスにさらされることはない。


実験に使われた5匹の猫のうち2匹は6日後に安楽死させられ、その上気道からウイルス粒子が見つかった。残る3匹の猫は、ウイルスに感染していない猫3匹の隣のケージに入れられた。


この3匹のうち1匹で後に同ウイルスの陽性反応が出た。残る2匹に陽性反応は出なかったが、研究チームでは、同ウイルスが飛沫(ひまつ)を通じて感染し得ることが実証されたと解釈している。


ただし同ウイルスに感染した猫にいずれも症状は出ていなかった。たとえ猫同士で感染することがあったとしても、猫から人に感染するとは限らない。


専門家によると、実際には飼い猫やフェレットが新型コロナウイルスに感染する可能性は極めて小さい。米国や欧州など大規模感染が起きている地域でも、ペットの症例はほとんど報告されていない。


香港はCOVID―19と診断された人のペットを隔離しているが、陽性反応が出たのは犬2匹だけだった。この犬たちは隔離期間中も無症状だった。


ベルギーでは3月に、COVID―19が飼い主から猫に感染した可能性があるという症例が報告された。この猫は呼吸器に問題があり、吐しゃ物や排泄(はいせつ)物から同ウイルスが高濃度で検出された。しかしこの猫の症状がCOVID―19によるものなのか、別の疾患によるものなのかは分からないと研究チームは報告している。


米獣医師学会は同ウイルスについて、「犬2匹(香港)と猫1匹(ベルギー)の感染が報告されているが、感染症の専門家や各国の人と動物の保健機関は、現時点でペットが人間を含む他の動物にCOVID―19を感染させるという証拠はないとの見解で一致している」との説明をウェブサイトに掲載した。



色々な見解があると思いますが、今のところは大丈夫みたいで安心しました。


でも、「現時点」では、です。


今後も注意が必要だと思われますね。


政府が緊急事態宣言を出す可能性があるほどの事態。


コロナ自体での人間の致死率それほど高くはないそうですが、もし、自身が感染した場合のペットちゃんへの感染やそれによるペットちゃんが万が一のことがあれば、と考えると心配は絶えません。

お問い合わせ
​▶お電話でのお問い合わせ
095-839-5511(事前予約制)
(受付・火葬場)
長崎県長崎市田中町311番地1

 

長崎市(東長崎エリア)にあるペット霊園です。

ペット火葬のみも承っております。

自然豊かな森の中に自然葬のペットのお墓をつくり、ペットの供養をしておりますので、納骨堂での供養とは異なり年会費や管理費などは必要ありません。

「ペットは飼い主様の大切な家族」ということを十分に理解しているスタッフ達が、ペットの最期のお世話を心を込めてサポート致します。

ペット火葬受付時間:10:30〜18:00(年中無休)
※電話受付は上記以外の時間帯も大丈夫です。

ペット霊園参拝時間:365日いつでも大丈夫です。

火葬場と霊園は、場所が異なりますのでご注意ください。
共に駐車場完備。

  • 長崎市中心部から 約15分

  • 西彼杵郡(時津町から 約25分/長与町から 約 30分)

  • 諫早市から 約30分・島原市から 約60分

  • 南島原市から 約1時間20分

  • 雲仙市から 約40分

*各地域の中心部よりのおおよその所要時間です。

混雑状況により異なります。

​▶メールでのお問い合わせ

© 2018ペットのおはか