今日の森のおはか。

最終更新: 2019年8月8日


長崎ペット火葬・ペット霊園 森の中のペット霊園「ペットのおはか」


森の管理人です!

今日は、2日前に火葬したペットちゃんのご家族の散骨(読経供養)でした。


読経供養の風景(飼い主さんが写らないうようにカットしてますが)です。



僕は個人的に、このおはかで読経供養してもらうのがすごく好きで、


ほんとに心が浄化されていくような清らかな気持ちになります。



きっと、

ペットちゃんもこの森に沁み入るように魂が成仏していっているんじゃないかなあと。



僧侶の声、自然の中の風の音や小鳥の囀り、お経の不思議な力・・・。

この読経の風景を映像でお伝えしたいんですが、なかなか難しく(;^_^A

いつか、HPに載せますね!



あと、よくご質問あるのですが、


ペット火葬の後、

そのあとにすぐ森のおはかへ・・・


じゃなくても全然大丈夫です。


当日ではなくても。


火葬後一旦ご遺骨をご自宅に持ち帰り、

しばらくは自宅で供養され、


それが数日でも、初七日でも、49日でも、

お気持ちの向くままにそうして頂いて結構です。




これをブログに載せようと思ったのは、

飼い主さんがお花を埋葬した場所にお花を供えておられたから。


お話を聞いていて、すごくペットちゃんを可愛がっておられたのは感じていましたが、こうやって埋葬後にお花を添えられる飼い主さんは初めてでした。


あくまでお気持ちなので、何が良いとか悪いとかはありません。


でも、ペットちゃんが亡くなって成仏してほしい、送り出してあげたい、

というお気持ちを強く感じ、とても寒い森の中でしたが心が温まった気分です。


先ほどもお礼のお電話まで頂き、彼岸会の際にはぜひ知らせて欲しいと。


ご家族みんなで参加したいとの嬉しいご連絡を頂きました。

ヽ(=´▽`=)ノ


0件のコメント

最新記事

すべて表示