其の二 実食。


長崎市・諫早市

ペット火葬霊園

森の中のペット霊園

ペットのおはか



こんにちは!

明日の火葬のご予約は満枠なのに、今日はゆったりとした時間が流れています(笑


で、昨日ブログに書いたばかりだったんですが

・・・行ってきました。早速!

思い立ったら即実行です。


ナビを頼りに行ったのですが、「こんなところに?」というような住宅地の中に。

実際に食べてみて、「ああ、こんな味だった」と(笑



味は・・・美味しかったです。

20年ぶりの味でした。


そして、ふと、あることを思い出しました。



高校生とかではなく、もっと昔。

幼稚園から小学1〜2年生、かな。


母が作ってくれていて、大好きだった「おやつ」がありました。


なんか、牛乳か何かわからないですが、

浸したビスケットにチョコレートとか生クリーム?みたいなものを挟んで挟んで挟んでアルミホイルに巻いて冷凍庫で固める・・・みたいな感じの。


冷凍庫に入れても完全に固まることはなく、アイスケーキみたいな食感でしょうか。

しっとりとした。


当時はそれが大好きで、よく作ってもらってました。



で、5〜6年前にその話をして作ってもらったんです。

ちょうど、息子(孫)がそのくらいの年齢だったので、食べさせてあげたくて。



その時に、母の少し表情が曇り、こう言われました。


「あれは今見たら、何これ?って感じになるよ。美味しくもないし。いいとね?」と。


とにかくいいから作ってくれ、


と頼んで作ってくれましたが・・・・



「なんだ、これは!?!?!?」でした(笑



全然美味しくもなく。



なんでこれをあんなに美味しいと感じていたのだろう、と。



思い出の味、というのはそういうものなのかもしれませんね。



カレーは美味しかったです。


が、高校生の頃からの経験値は上がっていることを実感しました。

0件のコメント

最新記事

すべて表示