守ろう大切な命


こんにちは。

スタッフの田端です。


今日は4月1日。

春のうららかな季節となりました🌸🌷


春は、入園式、入学式、新社会人と新しい出発の時期、それぞれ緊張の中にも胸躍らせる

嬉しい時ですね(♪)


さて、先日ありがたいお届け物がありました。

シニア犬で火葬にお越しになられた飼い主様が、ドッグフードや缶詰めフードに、オムツパットや歯磨きシート等、山のようにわざわざ事務所までお持ちくださいました。


真心の温かいご支援に感謝の想いでいっぱいです。


まだまだ日本では命を繋げず、年間3.3万匹のワンちゃん猫ちゃんが殺処分されています。


「保護犬猫」「殺処分」という言葉は耳にするようになってきましたが、実際には保護犬猫を引き取って家族と迎えた方は、犬7.4%猫11.6%と少ない数字です。


そんな中、悲しいことに長崎県は殺処分数で全国でもワーストに入ります。


年間1000匹以上の殺処分が行われており、その遺骨はゴミと一緒に処分されているのが現場です。


少しでも殺処分されることのない状況になってほしいと願いながら、保護された動物のもとへ皆様からのご支援をお届けさせていただいております。


私自身、出来る事の少なさに恥ずかしい気持ちや歯痒い気持ちにもなります。

でも、どうか命を繋いで欲しいと願わずにはおれません。


飼い主様達の温かいご支援と共に心優しいお気持ちも一緒にお届けさせていただきたいと思います。


いつも温かいご支援ありがとうございますm(_ _)m

0件のコメント

最新記事

すべて表示