春の彼岸会も無事終わりました。


長崎市・諫早市ペット火葬霊園

森の中のペット霊園

ペットのおはか


みなさま、こんにちは!

令和4年の春の彼岸会、無事開催できました!

当日は、曇りの中、時折光が差し込んで・・・ まるで供養のために神様が迎えてくれているような感じを受けました。


さて、彼岸ということについて、今回は少し触れたいと思います。

そもそも「彼岸とは」なのですが、春分の日と秋分の日の前後3日間を指し、春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ」、秋分の日は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」祝日なのだそうです。

古来、日本人にとって自然や動植物というのは支配すべき対象ではなく、ともに生き、時に生かされるような存在だそうです。

お彼岸にはご先祖のみならず、自然や動植物に対しても感謝と敬意、慈しみのこころをもって接するようにしたいですね☺️✨

なのでお彼岸には仏壇・仏具の手入れや、お墓参り、春は春の花にちなんで、牡丹から、ぼたもち。秋は秋の花にちなんで萩からおはぎをお供えするそうです。


なのでお彼岸には仏壇・仏具の手入れや、お墓参り、春は春の花にちなんで、牡丹から、ぼたもち。秋は秋の花にちなんで萩からおはぎをお供えするそうです。







0件のコメント

最新記事

すべて表示