森は生きている。

更新日:2019年8月8日


こんにちは!

森の管理人です!!


今日は、樹木葬に特化したペット霊園を造った経緯を少し書きます(o^∇^o)



森の中のペット霊園のコンセプト・・・でもありますが、

亡くなったペットを弔う際に、「森の中で」「樹木葬で」と思った理由があります。


お花や樹木などを育てていると、本当にこう思います。

「植物は生きているなあ」と。


毎日毎日お水をあげていると、

新しい芽が出たり、葉が茂ってきたり、蕾がついて花が咲いたり、

とにかく「成長してる」のを感じます。


ペットのように、鳴いたり懐いたりはしません。

でも、「生きている」」のは感じます。


だから、愛しいペットの弔い方として(私の個人的な想いですが)

納骨堂で壺の中で弔うよりも、花や樹木樹木と一緒に自然のってまた生きていてほしいと思いました。


私のペットが亡くなった時は、そうすることで、私は私は気持ちが楽になりました。

だから、大切にしていたペットが亡くなって悲しんでいる飼主さんにも、

そう感じてもらえたらな、と。


「ペットのおはか」では、そういう想いで造りましたので、納骨堂の用意はしていません。

土に還らないから・・・ですね。。


0件のコメント

最新記事

すべて表示