費用を抑えたペット火葬「ライトプラン」はじめます。

最終更新: 2020年3月20日


長崎市・諫早市ペット火葬霊園

森の中のペット霊園

ペットのおはか


開業時より「ペットのおはか」では明瞭な料金体系(追加料金を設定しない)方針を採っておりました。


その理由は、「犬 火葬 〇〇円〜」という表示の「〜」というのをしたくなかったから。

愛するペットを亡くし悲しみの最中、ペット霊園まで連れてこられた後で「最低料金の表示から金額が追加されていく」ことは僕だったら嫌ですね。


立会いをしたら〇〇円追加・・・

お骨拾いをするなら〇〇円追加・・・

骨壷代として〇〇円追加・・・

夜間火葬なら〇〇円追加・・・


最期のお別れだってしたいでしょうし、骨壷も否応なしに必要でしょう。


火葬場まで連れてきた後で「総額」を聞いて、想像していた金額とだいぶ乖離があったということをよく聞きました。


だから、「ペットのおはか」では料金体系を総額表示として、飼主さんが望まれること全てお受けするスタンスでいます。


ペットを大事な家族として一緒に過ごしてきた飼主さんに、悔いの残らない最期のお別れを提供したくてそのスタンスを採っておりましたが、


ペットの闘病生活における費用がかさんだり、そのほか経済的な事情もある飼主さんもいらっしゃることと思います。


よりリーズナブルに火葬をして欲しいという要望も伺い、都度ご相談に乗っておりましたが今回新たに「ライトプラン」を設定しました。


通常火葬プランとライトプランの違いを記載します。



「通常火葬プラン」

お電話にてご予約

→来園

→受付

→火葬場にて最期のお別れ

→火葬開始

→お骨拾上げ(ご希望の場合)

→ご返骨



「ライトプラン」

お電話にてご予約

→来園

→受付(受付にてご遺体をお預かりします)

※火葬の日時は当方に一任となり、ご返骨はありません。

※ご遺骨は共同墓地にて自然葬を当方で致します。


「料金」

・猫 一律    12,000円

・犬 小型〜中型 15,000円

   中型〜大型 20,000円

※中型犬の目安は柴犬や雑種程度とさせて頂きます。

※大型犬の目安はラブラドールレトリーバー程度とさせて頂きます。

※別途消費税



通常火葬プランと大きく違う点は、

・火葬立会いの有無

・ご返骨の有無


です。


これまでも「飼い猫ではなかったけれど家のそばで懐いていた猫が亡くなったので」という方もいらっしゃれば、「遺骨そのものに意味はないからそちらで処分してください」という考えの方もいらっしゃいました。


経済的なご事情以外にも、それぞれの飼主さんのお考え、価値観がある中での最期のお別れですのでその多様化にも対応していきたいと思います。



0件のコメント

最新記事

すべて表示