飼い主さんの想い。


長崎市・諫早市ペット火葬霊園

森の中のペット霊園

ペットのおはか


こんにちは!

いよいよ梅雨が明けた?みたいですね〜

梅雨明け宣言はまだみたいですが!笑



この連休中も色々なことを経験、感じさせていただきました。


昨日のことですが・・・

このブログでも紹介したことがあった新大工町商店街の八百屋さんから、同じ商店街のお店のワンちゃんが亡くなったとのご連絡を受け、お引き取りに行きました。


ご商売がおありなので、どうしても火葬場に来るということができないので、お引き取りに伺ってお骨をお届けします。


ダンボールを開けると・・・沢山のメッセージとお花やおやつなどが。


これには思わず胸が熱くなりました。

スタッフの業務日誌にもこんなメッセージが。


本日、引き取りの火葬を行いました。10歳のチワワでした。

引取後の火葬の時にワンチャンを入れたダンボールを開けると、色々な場所に沢山のワンチャンに対する感謝の言葉が沢山かかれていました。

読ませて頂くうちに暖かい飼い主様の心が伝わってきたように感じました。沢山の飼い主様と火葬場(最期の場所)でお会いするたびにそれぞれのお気持ちをすこしでも汲み取って悔いのないようなお別れのお手伝いが出来る様に日々頑張りましょう!


通常ダンボールは一緒に火葬できないんですが、メッセージが書かれているところは切り取って一緒に火葬してあげようと、スタッフと話しあい、そうさせて頂きました。


お立ち会いできなかった飼い主さんのために、火葬時の写真をお見せすると、送ってほしいとのことで、お見せしてよかったなと。


また、島原からお越し頂いた飼い主様もいました。


大事に大事に育てて、ずっと一緒にいた存在。

その最後のお別れをさせて頂くことに、感謝です。

精一杯させて頂きます!

0件のコメント

最新記事

すべて表示