虹の橋。


長崎市・諫早市

ペット火葬霊園

森の中のペット霊園

ペットのおはか



こんにちは!

涼しかったり、暑かったり、相変わらずよくわからない天気が続きますね。


皆さんは、「虹の橋」という詩をご存知でしょうか??


言葉は聞いたことがあるかもしれません。

ペット業界では有名ですから。

虹の橋、と名前がつく商品も少なくありません。



海外の誰か・・・が作った詩なんですが、作者不明で世界中で読まれているそうです。


最愛のペットを亡くした時、どう向き合うのか。

ペットロスとかいう言葉もあります。


飼い主さんに前を向いて、最愛のペットとの別れのけじめをつけてもらえるように、とペット霊園を開業した際に思いました。


決して忘れることはないでしょうが、

どうやればそのお手伝いできるのか、日々考えていました。



先日、この虹の橋の原文と日本語訳に出会いました。


素晴らしい詩だと思いました。


「きみと別れてからの長い長い人生を、私は一生懸命生きてきたよ。その中で君を忘れたことは一度たりともなかったよ。やっと会えたね」


という部分には心が打たれます。



生あるものは、


必ず、例外なく、死が訪れる。



ペットだけのことではなく、長く生きていればいるほど、親しい人や愛する人の「死」に直面し、別れの時を迎えることが多くなるでしょう。


関係が深ければ深いほど、大きな悲しみを受けると思います。



でも、与えられた命を一生懸命に生きる。ということはとても大事なことです。



この詩には、


亡くなったペットが現世を離れてどうしているのか、


そして天国の手前で飼い主を待っている、


自身が精一杯生きて、現世を離れた時にきっと再会できる。



僕が飼い主さんに前向きになって欲しかった、


上手く伝えれないけれど、伝えたかったことが、


すごく書かれている。




早速、この詩を火葬に来られた皆さんにお渡しできるようにデザインし、お配りできるようにしました。





0件のコメント

最新記事

すべて表示