top of page

ペットが亡くなったら最初にするべきことは?最適な供養方法も解説

更新日:6月27日



ペットが亡くなったらするべきことを完全ガイド。遺体の安置方法から葬儀社の選び方、ペットロスの克服方法まで、愛するペットを尊厳を持って送り出すための情報を提供します。



▶︎1. ペットが亡くなったら最初にするべきこと

 


1.1 ペットの死後硬直が始まる前に行う処置

ペットが亡くなったら、飼い主として最初に行うべきことは、死後硬直が始まる前の処置です。以下に、その手順を詳しく説明します。


1. 硬直が始まる前の姿勢調整

亡くなったペットの手足を丸めるように内側に折り曲げてください。これは安置箱や棺に納めやすくするためです。特に死後硬直が始まる1〜2時間以内に行うことが重要です。また、目が開いている場合は、優しく閉じてあげましょう。


2. 体液の清掃

ペットが亡くなる直前に、口、鼻、肛門から体液が漏れ出ることがあります。ドライシャンプーやウェットティッシュを使って、ご遺体を丁寧に清掃してください。毛並みが乱れている場合は、ブラッシングをして整えてあげると、より綺麗に見送ることができます。


3. ご遺体の冷却

腐敗を防ぐために、ドライアイスや保冷剤を使用してご遺体を冷やすことが必要です。以下のアイテムを用意してください:

  • 安置箱やペット用棺(ダンボールでも代用可)

  • ドライアイスまたは保冷剤

  • 大きめのバスタオル

  • 乾綿や脱脂綿(あれば)


保冷剤はドライアイスよりも冷却力が弱いため、数時間に一度交換する必要があります。ドライアイスを使う場合は、ペットのお腹側と背中側に配置し、その上からバスタオルをかぶせてください。乾綿や脱脂綿があれば、鼻と肛門に詰めてあげると良いでしょう。


4. 葬儀・火葬業者の手配

最後に、ペット葬儀社に葬儀や火葬の手配を行いましょう。業者によっては、合同火葬や個別火葬など、さまざまなサービスが提供されています。ペットの遺体を適切に供養するために、自分に合ったサービスを選択してください。


ペットが亡くなった際の迅速な対応が、その後の手続きや供養をスムーズに進めるために重要です



1.2 ペットのご遺体の清め方

ペットが亡くなったら、次に行うべきはご遺体の清め方です。これは亡くなったペットを尊重し、最後のお別れを清潔で美しい状態で迎えるための重要な手順です。


1. 体液の清掃

亡くなった直後、ペットの口、鼻、肛門から体液が漏れ出ることがあります。この体液を放置するとご遺体が汚れるだけでなく、悪臭や腐敗の原因にもなります。まずは、ドライシャンプーやウェットティッシュを使って、これらの体液を丁寧に拭き取ってください。特に毛並みが長いペットの場合は、毛の奥にまで体液が入り込んでいないか確認しながら清掃することが大切です。


2. 毛並みの整え

清掃が終わったら、ブラッシングを行いましょう。毛並みを整えることで、ペットの外見が美しく保たれ、見送る際の印象も良くなります。特に毛が絡まっている場合は、ゆっくりとほぐしながら丁寧にブラッシングしてください。


3. 体の拭き取り

次に、ペットの全身を軽く拭き取ります。ウェットティッシュや温かいタオルを使用すると良いでしょう。この際、ペットの体が冷えている場合は、温かいタオルを使うことで清掃がしやすくなります。全身をくまなく拭き取ることで、見た目がより清潔で落ち着いた印象になります。


4. 洋服やブランケットの用意

ペットに洋服を着せたり、ブランケットで包むことも良いでしょう。特に寒い季節や冷却処置を行う場合、ブランケットで包むことでペットの体温を安定させ、冷却効果を高めることができます。また、洋服を着せることで、見送りの際にペットがより落ち着いた姿に見えます。


ペットが亡くなった後の清めの手順を丁寧に行うことで、ペットとの最期のお別れを美しく尊厳のあるものにすることができます



1.3 ペットのご遺体の安置方法

ペットが亡くなったら、ご遺体の安置方法も非常に重要です。遺体を適切に安置することで、腐敗を遅らせ、ペットとの最期のお別れを尊厳あるものにすることができます。以下に、具体的な安置方法を紹介します。


1. 安置場所の選定 まず、ご遺体を安置する場所を選びます。涼しく、直射日光が当たらない場所が理想です。例えば、玄関や風通しの良い部屋などが適しています。ペット用の安置箱や棺があれば、それを使用するのが最善ですが、ダンボールでも代用可能です。


2. 冷却の準備 腐敗を防ぐために、ご遺体を冷却することが必要です。ドライアイスや保冷剤を使用します。ドライアイスは冷却力が強いため、数時間ごとに交換する必要がありませんが、取り扱いには注意が必要です。保冷剤を使用する場合は、数時間ごとに交換することが推奨されます。


3. 遺体の配置 安置箱や棺にご遺体を丁寧に配置します。お腹側と背中側にドライアイスや保冷剤を置き、その上からバスタオルをかけてください。これにより、ご遺体がしっかりと冷却され、腐敗を遅らせることができます。


4. 保護材の使用 もし家に乾綿や脱脂綿があれば、これらを使って鼻や肛門を詰めてください。これにより、体液の漏出を防ぐことができます。また、ご遺体の周りにタオルやシートを敷いておくと、安置場所が汚れるのを防ぐことができます。


5. 最期の準備 ペットにとって特別な毛布やおもちゃがある場合、それらを一緒に安置箱や棺に入れてあげましょう。これにより、ペットが安心して旅立てるようになります。また、ペットのお気に入りの場所に花や写真を飾ると、心温まる雰囲気を作り出すことができます。


ペットが亡くなった後の安置方法を適切に行うことで、ペットとの最期のお別れを丁寧に行うことができます。



▶︎2. ペットが亡くなったら必要な葬儀の準備と選択肢

 


2.1 ペット葬儀社の選び方

ペットが亡くなったら、適切な葬儀社を選ぶことが大切です。以下のポイントを参考にして、信頼できる葬儀社を見つけましょう。


  • 評判と口コミ

まず、インターネットで葬儀社の評判や口コミを調べましょう。実際に利用した人の感想や評価を確認することで、その葬儀社のサービスの質や信頼性を判断することができます。また、友人や家族におすすめの葬儀社がないか尋ねることも一つの方法です。


  • サービス内容の確認

次に、提供されているサービス内容を確認します。ペット葬儀には、合同火葬、個別火葬、訪問火葬などさまざまな種類があります。自分のペットに最適なサービスを選ぶために、各葬儀社がどのようなプランを提供しているのかを詳しく調べましょう。また、葬儀の際に立ち会いたいかどうか、返骨が必要かどうかなど、自分の希望に合ったサービスを選ぶことが大切です​。


  • 費用の透明性

費用が明確に提示されているかどうかも重要です。葬儀費用には、火葬費用、安置費用、霊園の使用料などが含まれますが、追加料金が発生する場合もあります。事前に見積もりを取り、費用の内訳を確認することで、予期せぬ支出を避けることができます。また、複数の葬儀社に見積もりを依頼し、比較することもおすすめです。


  • スタッフの対応

スタッフの対応も葬儀社選びの重要なポイントです。電話やメールで問い合わせた際の対応が親切で丁寧かどうかを確認しましょう。ペットの葬儀は飼い主にとって非常に感情的な場面です。心のこもったサポートを提供してくれる葬儀社を選ぶことが大切です。


  • 事前相談の有無

多くの葬儀社では、事前相談を受け付けています。事前に相談することで、ペットが亡くなった後の流れや準備がスムーズに進むでしょう。また、疑問や不安を解消するために、事前相談を活用することをおすすめします。


ペットが亡くなった際には、信頼できる葬儀社を選ぶことで、安心して最期のお別れをすることができます。



2.2 火葬の種類と流れ

ペットが亡くなったら、火葬の種類とその流れを理解することが大切です。火葬にはいくつかの種類があり、それぞれに特徴とメリットがあります。以下に、主要な火葬の種類とその流れを説明します。


1. 合同火葬

合同火葬は、他のペットと一緒に火葬を行う方法です。この方法は費用が比較的安価で、ペットを一緒に供養することができます。合同火葬の流れは次のとおりです:


  • 葬儀社または霊園にペットを預ける

  • 他のペットたちと合同で火葬を行う

  • 納骨堂で他のペットたちと一緒に供養される


合同火葬の主なメリットは、費用が抑えられることと、他のペットたちと共に供養されるため寂しさを感じにくい点です。ただし、返骨は行われないため、遺骨を手元に置いておきたい場合には不向きです。


2. 個別火葬

個別火葬は、飼い主のペットだけを火葬する方法です。この方法には、個別一任火葬と個別立会火葬の二つのタイプがあります。


  • 個別一任火葬

    • ペットを霊園に預ける、または自宅まで火葬車が来る

    • スタッフが火葬を行い、お骨上げも行う

    • 骨壺にて返骨される


  • 個別立会火葬

    • 家族が火葬に立ち会い、葬儀からお骨上げまでを見守る

    • 最後のお別れをしっかりと行うことができる


個別火葬は、ペットの遺骨を手元に残したい飼い主にとって最適な方法です。また、火葬の過程を見守りたい、ペットを特別に送り出したいという希望に応えることができます。


3. 訪問火葬

訪問火葬は、火葬車が自宅まで来て火葬を行う方法です。この方法は、近所の目が気になる場合や、自宅で最後のお別れをしたい飼い主に適しています。火葬車は通常、ロゴが入っていないため、近所への配慮もされています。


訪問火葬の流れは次のとおりです:

  • 火葬車が指定場所に来る

  • スタッフがペットの遺体を受け取り火葬を行う

  • 骨壺にて返骨される


訪問火葬のメリットは、自宅でペットとの最期の時間を過ごせることと、移動の手間が省けることです。また、ペットとの思い出が詰まった場所での火葬が可能です。


ペットが亡くなった際には、希望や状況に応じた火葬方法を選び、適切に対応することが大切です



2.3 費用の相場と注意点

ペットが亡くなったら、葬儀費用の相場と注意点を理解しておくことが重要です。葬儀の種類や場所によって費用が異なるため、事前に確認しておくと安心です。以下に、一般的な葬儀費用の相場と注意点を説明します。


1. 合同火葬の費用

合同火葬は、他のペットと一緒に火葬を行うため、最も費用が抑えられる方法です。費用の相場は約15,000円から30,000円程度です。この方法では、ペットの遺骨を返してもらうことはできませんが、費用を抑えたい飼い主にとっては最適な選択肢です。


2. 個別火葬の費用

個別火葬は、飼い主のペットだけを火葬する方法です。個別一任火葬と個別立会火葬の二つのタイプがあります。

  • 個別一任火葬:費用の相場は約20,000円から40,000円程度です。スタッフが火葬からお骨上げまで全て行います。

  • 個別立会火葬:費用の相場は約30,000円から50,000円程度です。家族が火葬に立ち会い、最期のお別れをすることができます​。


3. 訪問火葬の費用

訪問火葬は、自宅まで火葬車が来て火葬を行う方法です。費用の相場は約25,000円から50,000円程度です。自宅で最後のお別れをしたい飼い主に適しています。近所の目が気になる場合でも、火葬車は配慮されていることが多いです​。


4. その他の費用

火葬費用に加えて、以下のような追加費用が発生することがあります。

  • 安置費用:遺体を安置するための費用

  • 霊園使用料:霊園で供養するための費用

  • 運搬費用:ペットの遺体を運搬するための費用


5. 注意点

費用の透明性を確認するために、事前に見積もりを取りましょう。葬儀社によっては追加料金が発生する場合があるため、費用の内訳をしっかり確認することが大切です。また、複数の葬儀社に見積もりを依頼し、比較検討することをおすすめします。


ペットが亡くなった際の葬儀費用を事前に把握しておくことで、適切な準備と安心した対応が可能です。



▶︎3. ペットが亡くなったら自宅でできる供養方法

 


3.1 自宅でできる供養の仕方

ペットが亡くなったら、自宅で供養する方法もあります。自宅での供養は、家族とペットとの思い出を大切にしながら行うことができるため、多くの飼い主に選ばれています。以下に、自宅でできる供養の具体的な方法を紹介します。


  • メモリアルスペースの作成

ペットの遺骨や写真、おもちゃなどを飾るメモリアルスペースを作成しましょう。このスペースは、ペットとの思い出を感じることができる特別な場所となります。リビングルームや寝室の一角など、家族がよく集まる場所に設置することをおすすめします。小さなテーブルや棚を使い、花やキャンドルを添えると心温まる空間ができます。


  • 定期的なお参り

メモリアルスペースにお参りをすることで、ペットとの絆を感じ続けることができます。定期的に花を飾ったり、ペットの好きだったおやつやおもちゃを供えることも良いでしょう。また、家族が集まる際に思い出話をすることで、ペットの存在を感じながら過ごすことができます。


  • メモリアルグッズの活用

ペットの遺骨を手元に置いておきたい場合、メモリアルグッズを活用する方法があります。例えば、遺骨をペンダントやリングに入れる「メモリアルジュエリー」や、遺骨をガラスに封入する「メモリアルガラス」などがあります。これらのグッズを身に着けることで、いつでもペットの存在を感じることができます。


  • オリジナルの供養方法

ペットの性格や家族のライフスタイルに合わせた、オリジナルの供養方法を考えるのも一つの方法です。例えば、ペットが好きだった場所で写真を撮る、ペットのために特別な日を設けるなど、自由な発想で供養を行うことができます。


  • 心のケア

ペットを失った悲しみは大きなものです。自宅での供養を通じて、心のケアをしっかりと行うことが大切です。家族や友人とペットの思い出を共有し、ペットロスを乗り越えるためのサポートを受けましょう。また、必要に応じて専門家のカウンセリングを受けることも検討してください。


自宅での供養は、家族とペットとの絆を深め、心を癒す大切な時間を過ごすことができます。



3.2 ペットロスの克服方法

ペットが亡くなったら、飼い主は深い悲しみと向き合うことになります。ペットロスは非常に辛い経験ですが、適切な対処方法を知っておくことで、少しずつ克服することができます。以下に、ペットロスを克服するための方法を紹介します。


  • 悲しみを認める

まず、ペットを失った悲しみを無理に抑え込まず、しっかりと認めることが大切です。涙を流したり、悲しみを表現することは自然なことです。自分の感情を素直に受け入れることで、心の整理が進みます。


  • ペットとの思い出を振り返る

ペットとの楽しかった思い出や、愛らしい姿を思い返すことも、ペットロスを克服する助けになります。写真や動画を見返したり、ペットとのエピソードを家族や友人と共有することで、心が少しずつ癒されるでしょう。また、メモリアルスペースに手紙を書いてみるのも一つの方法です。


  • 日常生活を整える

ペットを失った後も、日常生活を整えることが大切です。規則正しい生活リズムを保ち、バランスの取れた食事を心掛けましょう。また、適度な運動を取り入れることで、ストレスを軽減し、心身の健康を保つことができます。日常生活の安定は、心の安定につながります


  • ペットのための追悼活動

ペットのための追悼活動を行うことで、ペットロスを和らげることができます。例えば、ペットの名前を刻んだメモリアルアイテムを作ったり、ペットの好きだった場所を訪れたりすることが有効です。また、ペットロスを経験している他の飼い主と交流することで、共感や支えを感じることができます。


  • 専門家のサポートを受ける

悲しみが深く、なかなか立ち直れない場合は、専門家のサポートを受けることも検討しましょう。ペットロスに特化したカウンセラーやサポートグループが存在します。専門家の助けを借りることで、感情の整理がスムーズに進むことがあります。


ペットロスは時間をかけて克服するものです。自分自身を大切にし、少しずつ前向きに進んでいくことが大切です。



3.3 ペットの思い出を残す方法

ペットが亡くなったら、その思い出を大切に残すことが飼い主にとって重要です。ペットの思い出を形にすることで、心の安らぎを得ることができます。以下に、ペットの思い出を残す具体的な方法を紹介します。


1. メモリアルアルバムの作成

ペットの写真や思い出の品を集めて、メモリアルアルバムを作成しましょう。デジタルアルバムを作ることもできますが、手作りのアルバムはより温かみがあり、特別な思い出を感じることができます。アルバムには、ペットと過ごした楽しいエピソードや、感じたことを書き添えると良いでしょう。


2. メモリアルグッズの作成

ペットの遺骨や毛を使ったメモリアルグッズを作成することも一つの方法です。例えば、遺骨を封入したペンダントやブレスレット、毛を使用したぬいぐるみなどがあります。これらのグッズは、日常生活の中でペットの存在を感じることができ、心の支えとなります。


3. メモリアルイベントの開催

ペットの命日や特別な日に、家族や友人と一緒にメモリアルイベントを開催するのも良い方法です。ペットの好きだったおやつを用意したり、思い出話を共有することで、ペットとの絆を再確認することができます。また、ペットの写真やビデオを上映することで、皆で思い出を振り返ることができます。


4. メモリアルツリーの植樹

ペットの思い出を自然と結びつけるために、メモリアルツリーを植えることも一つの方法です。庭や公園に木を植え、その木が成長する過程を見守ることで、ペットの思い出が永続的に続いていくように感じることができます。また、メモリアルツリーにペットの名前やメッセージを刻んだプレートを添えると、より一層特別な存在となります。


5. ペットのためのチャリティ活動

ペットの思い出を生かして、動物保護活動やチャリティに参加することも素晴らしい方法です。ペットが与えてくれた愛と感謝の気持ちを他の動物たちに還元することで、ペットの存在がより意味のあるものとなります。寄付やボランティア活動を通じて、ペットの思い出を大切にし続けることができます。


ペットの思い出を形に残すことで、その存在をいつまでも感じることができます。自分にとって最適な方法を選び、ペットとの絆を大切にしましょう



▶︎4. ペットの埋葬に関する法的注意点

 

4.1 自宅敷地内でのペットの埋葬

ペットが亡くなったら、自宅の敷地内に埋葬を検討する飼い主も多いですが、法的に注意すべき点があります。以下に、自宅敷地内での埋葬に関する法的注意点を説明します。


1. 法的な制限

自治体によっては、自宅敷地内でのペットの埋葬が制限されている場合があります。特に、分譲マンションや賃貸物件の敷地内では、埋葬が禁止されていることが多いです。これは、敷地が共用部分とみなされるためであり、他の住人や所有者の権利を侵害する恐れがあるからです。埋葬を検討する際には、必ず自治体の規則を確認し、許可が必要かどうかを確認しましょう。


2. 衛生面の考慮

自宅敷地内での埋葬は、衛生面のリスクも伴います。適切に処理されない場合、腐敗による悪臭や病原菌の発生の原因となることがあります。また、他の動物が掘り返すことを防ぐためにも、しっかりと深く埋める必要があります。埋葬場所を選ぶ際は、他の住民や近隣に迷惑をかけない場所を選び、適切な深さ(少なくとも1メートル以上)に埋めることが推奨されます。


3. 環境への配慮

ペットの遺体を埋葬することで、環境への影響も考慮する必要があります。ペットが使用していた薬やワクチンが土壌に浸透する可能性があるため、埋葬場所の土壌や地下水への影響を考える必要があります。また、自然環境を守るために、ペットの遺体を適切に処理する方法を選ぶことが重要です。


4. 法的リスク

法的に許可されていない場所にペットを埋葬した場合、後に問題が発生することがあります。特に、土地の売買や相続の際に、埋葬されたペットの存在が問題になることがあります。将来的なリスクを避けるためにも、法律に従った適切な埋葬方法を選択することが大切です。


自宅敷地内でのペットの埋葬は慎重に行うべきです。法的な制限や衛生面、環境への配慮をしっかりと理解し、適切な方法でペットを送り出しましょう



4.2 公園や公共の場でのペットの埋葬


ペットが亡くなったら、公園や公共の場での埋葬を考える飼い主もいるかもしれません。しかし、これには多くの法的制約が伴います。以下に、公園や公共の場での埋葬に関する法的注意点を説明します。


1. 公園での埋葬の禁止

多くの自治体では、公園や公共の場でのペットの埋葬を禁止しています。これは、公共の場所が多くの人々に利用されるため、衛生上の問題や環境への影響を考慮してのことです。また、公園は公共の財産であり、個人の目的で利用することは許可されていません。万が一、許可なく埋葬を行った場合、罰則が科される可能性があります。


2. 公共の場での埋葬のリスク

公園や河川敷などの公共の場でペットを埋葬すると、他の利用者に迷惑をかけるだけでなく、自然環境にも悪影響を与える可能性があります。特に、河川敷などでは、遺体が流出することで水質汚染の原因となることがあります。公共の場での埋葬は、他の動物や人々にとってもリスクとなるため、避けるべきです。


3. 自治体や保健所への依頼

ペットの遺体を適切に処理するためには、自治体や保健所に依頼することが推奨されます。多くの自治体では、ペットの火葬や遺体の引き取りサービスを提供しています。これにより、衛生的かつ法的に適切な方法でペットを送り出すことができます。地域によってサービス内容や費用が異なるため、事前に確認することが重要です​。


4. 適切な火葬業者の利用

公共の場での埋葬を避けるために、適切な火葬業者を利用することも一つの方法です。ペット専用の火葬業者は、合同火葬や個別火葬など、さまざまなサービスを提供しています。ペットの遺骨を手元に残したい場合は、個別火葬を選択すると良いでしょう。火葬業者を利用することで、法的に問題のない方法でペットを供養することができます​。


ペットが亡くなった際には、公園や公共の場での埋葬は避け、法的に適切な方法で送り出すことが大切です。自治体や専門業者を利用して、ペットの供養を行いましょう



4.3 違法な埋葬によるリスク

ペットが亡くなったら、違法な埋葬を避けることが非常に重要です。法律に違反した埋葬は、さまざまなリスクや問題を引き起こす可能性があります。以下に、違法な埋葬によるリスクについて詳しく説明します。


1. 法的な罰則

違法な場所にペットを埋葬した場合、法律違反となり罰則が科される可能性があります。特に、公共の場や他人の所有地に無断で埋葬を行うことは重大な法的問題となります。自治体の条例や規則を確認し、許可なく埋葬を行わないようにしましょう。


2. 環境への悪影響

違法な埋葬は、環境にも悪影響を及ぼす可能性があります。例えば、河川敷や森などの自然環境にペットの遺体を埋めると、土壌や水質が汚染されるリスクがあります。ペットが使用していた薬品やワクチンが環境に漏れ出すことも考慮しなければなりません​。


3. 衛生上の問題

適切な処理がされない場合、遺体の腐敗による悪臭や病原菌の発生が懸念されます。これにより、周囲の住民や他の動物に健康被害を与える可能性があります。衛生面を確保するためにも、適切な方法で遺体を処理することが重要です。


4. 近隣住民とのトラブル

違法な場所にペットを埋葬することで、近隣住民とのトラブルを招く可能性があります。特に、分譲マンションや賃貸物件の敷地内に無断で埋葬を行った場合、他の住人や管理会社からの苦情や法的措置を受けることがあります。地域のコミュニティとの関係を良好に保つためにも、適切な埋葬方法を選びましょう。


5. 遺体の掘り返しリスク

違法な場所に埋葬した遺体が、後に掘り返されるリスクもあります。特に公共の場や他人の土地では、埋葬された場所が掘り返される可能性が高く、その際に遺体が露出することでさらに問題が発生します。このような事態を避けるためにも、合法的な場所にペットを埋葬することが求められます。


ペットが亡くなった際には、法的に適切な方法で遺体を処理し、違法な埋葬によるリスクを避けることが大切です。適切な火葬業者や自治体のサービスを利用して、ペットを尊厳を持って送り出しましょう



▶︎5. まとめ

 

ペットが亡くなったら、まずは死後硬直が始まる前に手足を丸めるなどの処置を行い、ご遺体を清めます。清掃やブラッシング、ドライアイスや保冷剤を使った冷却が必要です。葬儀・火葬業者の手配も忘れずに行いましょう​。


葬儀社の選び方では、評判や口コミを確認し、サービス内容や費用の透明性をチェックすることが大切です。葬儀の種類には、合同火葬、個別火葬、訪問火葬があり、それぞれにメリットとデメリットがあります​。


自宅での供養には、メモリアルスペースの作成や定期的なお参り、メモリアルグッズの活用があります。また、ペットロスを克服するためには、感情を認め、思い出を振り返り、日常生活を整えることが重要です​。


自宅敷地内での埋葬、公園や公共の場での埋葬は法的な制約があり、違法な埋葬は罰則や環境への悪影響、近隣住民とのトラブルを引き起こすリスクがあります。適切な火葬業者や自治体のサービスを利用し、法に従った供養を行いましょう​。


ペットが亡くなったときには、適切な対処を行うことで、ペットとの最期のお別れを尊厳を持って行うことができます。心の整理をしながら、ペットとの思い出を大切にし続けましょう。



▶︎長崎市のペット火葬・ペット霊園は弊社『ペットのおはか』にお任せください

 

ペットの最期のお別れの際には、安心してお任せください。長崎市の『〜森の中のペット霊園〜ペットのおはか』がお手伝いします。個別ペット火葬や自然葬など、飼い主様が後悔しないように丁寧にサポートいたします。あなたの大切な家族が安らかに旅立てるよう、私たちが全力でお手伝いいたします。



Comentarios


bottom of page