​長崎市のペット霊園「ペットのおはか」

森のおはか…とは

自然葬(樹木葬)の供養として、長崎市内で15000坪の敷地の緑豊かな森にあるペットのお墓です。
樹木葬はその名の通り木々に遺灰を散骨し、ペットを土に・自然に還すのですが、

木をお墓とするのは、少し寂しい気がしました。

そこで、子どもの頃に家の庭に造ったような、手作りで想いのこもったペットのお墓を造りたい。
樹木や花に囲まれた場所で、飼い主様の温かなお気持ちを大切にできるような。

 

ペットの火葬後、納骨堂で管理されるのではなく、
大自然の中で、そこに眠るペットも飼い主様も清々しい気持ちで…


私たちが、そんな想いを込めてつくったお墓です。

アートボード 1お知らせ.png

Blog

%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%9B%E3%
長崎市のペット霊園「ペットのおはか」

〜ご家族様へ〜

家族の一員として一緒に過ごしてきたかわいいペットにも、悲しいお別れの時はやってきす。初めて迎え入れたあの日から愛くるしい姿に癒され、幾度となく助けられてきたことでしょう。

「たくさんの楽しい思い出をありがとう」

これまでの感謝と愛情を込めて、ぜひあたたかい最期にしてあげましょう。

私たちは、家族同様に愛されてきたペットに“できる限りのことをしてあげたい”というご家族様のお気持ちと、ペットとのお別れをきちんと受け止め、今後もご家族様が前を向いていけるようにお力添えしていくことを大切にしております。

愛しいペットの最期のお見送りをスタッフ一同真心込めてお手伝いさせていただきます。

長崎市のペット霊園「ペットのおはか」

〜私たちの想い〜

愛するペットの旅立ちは、つらく悲しいものです。

「自然の摂理で誰も逆らうことができない」そうわかっていても、簡単にわり切れるものではありません。家族としていつもそばにいたペットですからなおさらです。

 

いつまでもそばにいたいお気持ちは誰もが同じですが、愛するペットをお見送りしてあげるために、またご家族様のお気持ちを一度整理するための供養であるべきだと思います。

 

『たとえカラダは死を迎え、この世を旅立ってしまったとしても、自然葬(樹木葬)としてこの世の中にとどまってほしい。大自然の中、カタチは変わっても生きてほしい。』

 

私たちは、そんな想いから木々が生い茂り、季節の花々が咲く自然に囲まれた“安らかに眠れる森”をイメージしたお墓をつくりました。

長崎市のペット霊園「ペットのおはか」

森のおはか

自然の中に眠るペットちゃん達が寂しくないように、沢山のお花の中で安らかに眠ってほしいという想いでお線香を焚き、お掃除などを行っております。

もしもの時は

ご利用料金

自然葬・樹木葬

墓石の代わりに樹木を墓標とする弔い方で、自然から生を受け自然に還る、自然の中で安らかな最期を迎える。まさに、自然へ回帰する良い流れがそこにはあります。

img_200703_2_2.jpg
動物愛護団体「架け橋」
長崎市のペット霊園「ペットのおはか」
長崎市のペット霊園「ペットのおはか」
長崎市のペット霊園「ペットのおはか」
長崎市のペット霊園「ペットのおはか」
1.png
2.png
3.png
4.png
無題.png